オラクルカード・タロットカードの達人社長 大塚和彦 オフィシャルサイトオラクルカード・タロットカードの達人社長 大塚和彦 オフィシャルサイト
TOP神話のネタ(本・映画・講座・芝居…)

書籍『バガヴァッドギーター』(上村勝彦訳)

「読むだけでこの世の中で知るべきすべての知識を学んだことになる」といわれる、ヒンズー教が世界に誇る聖典です。

t02200309_0246034613320673370

こちらwikiでの説明
https://ja.wikipedia.org/wiki/バガヴァッド・ギーター
それなのに本文は118Pしかありません。ストーリー仕立ての700の詩編、全18章の構成は一見すると楽に読めそうな感じがしますが、かなり手強いです。

1章は、「人間にとってこれ以上ない葛藤状態、苦悩の状態」におかれた青年が、なげくシーンからはじまります。何の因果か、縁者(父親、祖父、師、叔父、兄弟、息子など)と命をかけた戦いをしなくてはならなくなった主人公が、クリシュナ(神の化身)に「戦いたくない!!!」とダダをこねます。
20150626_181224
で、2章でクリシュナがいきなりかっとばします。
「彼(※主人公が戦う敵のこと)は決して生まれず、死ぬこともない。(中略)身体が殺されても、彼は殺されることがない」(2章-20)
 
「武器も彼を断つことなく、火も彼を焼かない。」(2章-23)
 
「彼が常に生まれ、常に死ぬとあなたが考えるとしても、彼について嘆くべきではない。」(2章-25)
 
「あなたは殺されれば天界を得、勝利すれば地上を享受するであろう・」(2章-37)
 
20150626_181814
現代社会に生活する我々の感覚からしたら、まったく意味が不明。。。。けど、この後の章でクリシュナは懇々と「これらの言葉の意味がどういうものか?」を語るわけです。「人間が自由自在に生きるとはどういうことか?」を諭すわけです。
で、「戦いたくない!」とメソメソしていた主人公が、最終章では「迷いはなくなった。不滅の方よ。あなたの恩寵により、私は自分を取り戻した。疑惑は去り、私は立ち上がった。あなたの言う通りにしよう。」(18章-73)と戦う決意(=自分の役割を果たそうと決心)をするわけです。この間の物語が描かれているんですね。
はじめて読んだ時、ワタクシの知性ではまったくギーターが理解できなかったのです。で、「そうだ!この物語を分かりやすく学べる教材をつくろう!」と思い立ったのです。そこでつくったのがこちらのカード。
『バガヴァッドギーターカード』
※こちらから53枚のカードが全部みることができます。
t01900190_0190019013303507566square.php
このカードを創りながら、ちょっとづつギーターを学んでいったわけです。役得ですな(笑)
resize.php      Unknown-1
著者の向井田みお先生と著書『やさしく学ぶYOGA哲学 バガヴァッドギーター』
t02200330_0250037513320611982
インド独立の父 マハトマ•ガンジーがこの聖典をして「スピリチュアルディクショナリー」と読んで生涯大切にしていたといわれていますが、2,000年の風雪を耐えた叡智はスゴいです。何がスゴいってのを言語化できないほど、すごい。ワタクシごときの知性では、当たり前ですわね。神って言葉がたくさんでてきます。なので、宗教っぽいものにアレルギーがある人にはしんどいでしょう。ワタクシもはじめて読んだときは、「なんか宗教っぽいなあ〜」と思いましたしね。実際、ギーターはその一部を都合よく解釈して宗教団体が信者の組織化に使えそうなフレーズがたくさんあります。
けど、人を不幸にしたり、人を迷わせたり、人を一層の苦悩に導いたり、人を更なる葛藤に陥らせたり••••仮にそんなものがあったら2,000年も経た今の時代まで残っているわけがないんですよね。岩波文庫で30刷近くまで発行されるわけがないのです。
「無人島に一冊持っていくとしたら何?」と聞かれたら、いまならすんごく悩んでこの本をあげるかな。20年くらいまえの自分だったら劇画『空手バカ一代』(梶原一騎作)だったかもな。この変わりようがワタクシの進歩?(笑)
Unknown
Amazonで買うならこちら
http://www.amazon.co.jp/バガヴァッド・ギーター-岩波文庫-上村-勝彦/dp/4003206819/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1435311021&sr=8-1&keywords=バガヴァッドギーター

  • お問い合わせお問い合わせ
  • ライフヒストリーランディングページ
  • CompanySite-banner-BLOG
  • OtsukaBlogBanner
  • チケット予約センター

Social Links

  • Facebook
  • tw
  • rss

Tag Cloud