オラクルカード・タロットカードの達人社長 大塚和彦 オフィシャルサイトオラクルカード・タロットカードの達人社長 大塚和彦 オフィシャルサイト
TOP一人一人の神話を旅する

「社長の右腕」について考える

20150513_111121

「社長の右腕」って言葉がある。No.2とでもいうのかな。

「社長が欲しいもの」ってアンケートをとったら、たぶん上位を占めるんだろうね。

「世界のホンダ」を創った本田宗一郎と藤沢武雄、「パナソニック」の松下幸之助と高橋荒太郎を出すまでもなく、これは「起業家という神話に不可欠な元型」でもあるし。

けどワタクシ、本田宗一郎や松下幸之助が「右腕が欲しい!」と思っていたという気がしなくて。。。むしろ、一生懸命仕事していて気がついたら「右腕的な人が社内にいた(驚)」って感じじゃなかったのかと。

ワタクシたち社長が右腕を求める気持ちの中に「自分が楽したい」という思いがあると、おそらく組織はうまくいかないね。なぜなら、一緒に仕事をしている人はそういう心をビシバシと感じるから。「楽したいという人の右腕になろう」なんてお気楽な人はそうそういないだろうし。

だから、社長は「周囲の人に対してできる価値を発揮すること」を一生懸命に考えること。「ちょっと楽したい」という思いにムチをうって働くこと。「右腕が欲しい」とか安易に言霊にしないこと。

が大切。会社って「ちょっと楽したい」という社長のささいな気持ちからいろんなものが崩れていくんだよね。

これって、自分自身が当事者だとよくわからない。けど、過ぎてみるとよくわかる。

あとは、人のことだとよくわかるが、自分のことだとよくわからない。

自分の「ちょっと楽したい」という気持ちを、「仕事をふる」だとか「社員の自主性に任せる」とか脳内変換されてないか起業家は注意すべし。ってか、オレも。


  • お問い合わせお問い合わせ
  • ライフヒストリーランディングページ
  • CompanySite-banner-BLOG
  • OtsukaBlogBanner
  • チケット予約センター

Social Links

  • Facebook
  • tw
  • rss

Tag Cloud