オラクルカード・タロットカードの達人社長 大塚和彦 オフィシャルサイトオラクルカード・タロットカードの達人社長 大塚和彦 オフィシャルサイト
TOP一人一人の神話を旅する

「読みたい本」と「薦められた本」。そして、一冊に行き着いた

20160902_122406

私、大学生の頃から本が好きでした。若い日は1ヶ月30冊を読書ノルマにしていました。いまでも、会社の机の後ろは、本だらけ。

「本はわからなくてもいいから読んでくんだよ」って予備校時代の日本史の先生の話がどこかにつきささっていたんでしょう。ある時期までは、脅迫観念のように読んでいた気がするんですね。

で、ムダなお金をたくさんつかいました。人に養分を与えない本に時間とエネルギーを費やしました。残念ながら、世界には「見た目は優れているが、内容は二束三文的な本」があふれています。その中から、「自分にとって必要な本」を見極めるのは大変な作業です。

あるときからそのことに気づいて、自分で読みたい本」はほとんど読まずに「人(※信用できる人に限ります)から薦められた本」を読むようになりました。会話やメールの中で、信用できる方が「この本いい!」だとか「この本おすすめ!」といった本は、なるべく条件反射的に購入するようにしました。(古本ですごい高値の本ばかり薦める方もいます 笑)

そうでもしないと、いつまでたっても「ムダな本」の間をグルグルすることになってしまいます。これは、本を読んできた私がたどりついた一つの自己防衛策(?)でした。

で、そんな自分をこの世界は、一冊の本にたどりつかせました。

20160902_122655

紀元前にインドで編纂されたという『ヨーガスートラ』という経典です。宗教チックな本ですから、自分の判断だけで本を選んでいたらまず手に取らなかった本ですね。「人から薦められた本」に自分の読書をシフトさせた恩恵みたいなものです。

サンスクリット語で書かれたこの本は、いままでに読んできた数千冊の本がふっとぶほどのインパクトを私に与えてくれました。なにせ、日本で初めての本と言われる『古事記』よりも1000年近くまえに編纂されているんですからね。

220px-Kobayashi_Izanami_and_izanagi-1

◉「なぜ、私も含めた人間は怒りやねたみという感情を持つのか?」

◉「欲望を満たしてもそれだけじゃ満足しないのはなぜなのか?」

◉「ポジティブシンキングになれない時、前向きになれない時、人はどうしたらいいのか?」

◉「日々忙しくしているが、その忙しさは本当に自分がすべき忙しさなのか?」

◉「他人と自分とを比較しないためにはどうしたらいいのか?」

◉「宇宙や地球の構造はどうなっているのか?」

などなど••••学校で先生に直接聞きにくいこと(?)について、明確な指針をくれたのですね。この本は、人がホリスティックに生きていくための指南書です。それも、読む人の成長の度合いによって読まれ方が変わってくる本です。(そういう広告キャッチの本は腐るほどあると思いますが、本当にそうです 笑)

巷にはたくさんの良書があります。けど、2千年読まれている本はないわけです。それだけでも、この本には触れる価値ありです。

いま、『ヨーガスートラ』を日本語で読むとすると10冊ほど関連書籍があります。修行者が書いたもの、研究者が書いたもの、実践家が書いたもの•••それぞれ個性があります。決して難解な本ではないと思うのですが、自分と合わない本を手に取るとちんぷんかんぷんだと思います。

意識の専門家でいらっしゃる松田仁さんと『ヨーガスートラ』を読むための講座を開催いたします。(前回、8月3日に開催してた分の追加開催です)

9月7日(水)18:45〜20:45  当社(新宿御苑駅徒歩3分)にて、受講料3,000円です。

IMG_84744_R-199x300

松田仁さんのHP  意識デザイン

おそらくこの本、はじめのガイドがあった方が効率的です。「『ヨーガスートラ』を読みはじめたときに、これを知っていれば効率的に、深く読めたのに」ということをお伝えしたいと思います。

OK260907-main-2

詳細&申込はこちらです!

http://event.visionary-c.com/ID=3142


  • お問い合わせお問い合わせ
  • ライフヒストリーランディングページ
  • CompanySite-banner-BLOG
  • OtsukaBlogBanner
  • チケット予約センター

Social Links

  • Facebook
  • tw
  • rss

Tag Cloud