オラクルカード・タロットカードの達人社長 大塚和彦 オフィシャルサイトオラクルカード・タロットカードの達人社長 大塚和彦 オフィシャルサイト
TOP一人一人の神話を旅する

タロットカード・オラクルカードタロットカード・オラクルカード

自分の人生を自分の言葉で語れるようになりたい、と思って旅に出たのが26歳のとき。 実体験に裏打ちされた自分の人生を語ることができるようになり、人と比べてうらやましいと思うこともなく、目の前で起きていることを精一杯こなす…。世界各国を旅するうち、それが誰のものでもない『自分の神話を生きる』ことなんだと気付きました。

目の前に繰り広げられる現実や、周囲の人から求められていること=calling(英語で仕事のことを意味します)を積み重ねていき、体験に基づいた知恵を身に付け、自分だけの神話を生きましょう。 元バックパッカー・現会社社長の大塚による、旅と神話のススメです。

記事一覧

    2015年11月以降の講座予定です
    「何をしたいか分からない」というのは、自分の「欲望」がみえていないということ。ワタクシの経営の先生は「自分の欲望を見つけるための旅」を推奨されるが、確かに過去、世界を旅してた時は「あれしたい!」「これしたい!」という欲望が怒濤のようにやってきたな。会社も15年もしてると、「欲望」がどこか不明確になってくることがありがち。「自分はどのような形で世の中に自分を問いたいのか?」「自分は一体、何を目指した. . .
    続きを見る
    経営における人の問題ってのは、唯一で、一回的で、人と比較されえないって話
    「経営と人」とをめぐる問題は、経営者にとって唯一であり、一回的なもの。直面する問題は、人ごとに変わるし、瞬間ごとに変化する。だから、他の経営者のそれと比較され得るものではないし、そこに普遍的な解答などは存在しないわけで。「職場の人間関係がみるみるうちによくなる本」なんてのは、個人的な職場の問題を普遍的に語ってる時点でそもそもナンセンス。 経営者は、そのときの「知識」と「人間関係」と「存在. . .
    続きを見る
    若い日に「実は豊かなものに囲まれていたのだな」ということ
    26年前、國學院に入学した時の教科書です。現在、秩父神社の宮司をされている薗田稔先生の授業でした。予備校時代の先生が「学生時代、豊穣なものに囲まれてることに、大人になってから気づくんだよ」と口にしていましたが、当時のワタクシは馬耳東風。まじめに授業には出でいませんでした。で、いま巡り巡ってこの本を読んでいます。よくみると、『日本の神様カード』を監修いただいた三橋健先生がこの本の執筆者のお一人でした. . .
    続きを見る
    日本の古の伝承『古事記』は、「無益なエクササイズ」として読む
    まずは、過去のこのブログ。 http://syatyodiary.cocolog-nifty.com/neta/2015/01/post-8533.html「この本を読んだら成功する」だとか「このセミナーでたら、対人関係力がつく」だとか、ちまたにはそんな情報が溢れています。けど、「何かをしたら,何かを得られる」って思考ばかりが発動していたら、人生はしんどくならないでしょうかね?「どんなメ. . .
    続きを見る
    起業家にとっての社員の採用について
    ワタクシが創業した2001年頃、「起業するなら人を入れないと」って空気が今よりありました。だから、創業してすぐに社員を入れたのですが、フツーのことだと思ってました。時代は流れました。インターネットやアウトソーシングがどんどん便利になりました。「人を入れずに経営するのが効率的だよん」みたいな考え方が跋扈しはじめました。正社員じゃない働き方が増えてきました。で、いま、「人を入れない起業」ってのが普通に. . .
    続きを見る
    人間の使命と共生について
    過去のワタクシ、言葉で表現できない世界を言語化できる人を尊敬していました。「ああ、オレが思っていたのはこういう思いだったんだ!」という感動が、尊敬へと変わっていくという単純さ(笑)だから、過去に尊敬してきた人はだいたいがちょっと偏屈でユーモアのある知恵者みたいな人ばかり。けど、齢を重ねると、「人間が言語化できることがどれほど少ないか?」を感じることが多くなってきまして。。。そうすると、なんでもかん. . .
    続きを見る
    チベットは遠くにありますけど、精神的にはかなり近い国なんです
    チベットを旅していた1997年、「パンチェンラマ11世が行方不明」とたびたび耳にしました。チベットではダライラマ猊下に続く宗教指導者であり、生まれ変わりされるといわれています。先代の10世が亡くなった後、ニマという少年が認定されましたが、その3日後から行方不明。残っているのは、この写真1枚だけという事実。中国政府によると「(チベットの)幸福指数は大幅に向上した」とのことですが、ワタクシが訪れたころ. . .
    続きを見る
    講座を担当する上での美意識
     自分で経験したことだけを話すこと。一人しか参加者がこなくても一生懸命話すこと。まずは一実務家である自分を忘れないこと。主催者から頼まれたテーマは断らないこと。情報を出し惜しみしないこと。分からないことは分からないと伝えること。•そして、人に物を伝えるのは一種の快感だから、その快感に支配されないようにすること。人様の前でお話しする際のワタクシの美意識です。週末は秋葉原&静岡と機会. . .
    続きを見る
    妖怪という古の叡智を生活に活かそう!
    貧困や疫病、こじれた人間関係••••どうしようもなく困難なことに直面した時。かつての日本には、それらを妖怪として描くことで溜飲を下げ、笑って楽しむという文化があったそうです。「この考え方って、今の時代こそ役立つんじゃね?」というところから生まれた『日本の妖怪カード』。 原稿の最終チェック日の今朝、たまたま朝日新聞に載っていた水木しげるさんのインタビューが素晴らしい。ワタクシも「その先」が. . .
    続きを見る
    異性にモテる、を検索してみた
    「モテる女性」の条件は何か??   9月6日(日)に女性性のについて講座をするので、ちょっと興味本位でネット検索してみました。講座のご案内はこちらです↓http://ambiente-jp.com/イベント/international-therapist/150906_ootsuka.htmlで、YAHOO!に「モテる女性」といれて検索したとこ••• ヒット. . .
    続きを見る

  • お問い合わせお問い合わせ
  • ライフヒストリーランディングページ
  • CompanySite-banner-BLOG
  • OtsukaBlogBanner
  • チケット予約センター

Social Links

  • Facebook
  • tw
  • rss

Tag Cloud